防水工事 | 株式会社 アイテック
写真:ビル屋上

防水工事

防水工事

防水工事は大切な住まいのプロテクター

屋上は建物の心臓部と言われ、大切なお住まいを守るために重要な役割を果たします。
RC造・ALC造の屋上・ベランダ・階段・共用廊下等
雨水を受ける箇所に施工し建物を雨漏りから守りましょう。
また、木造住宅のベランダ等も防水工事が必要です。
アイテックでは、工事前の検査と状態を判断し、既存の下地に適した防水工事を致します。

こんな症状が出ていたらすぐにご相談を!

防水寿命は10~15年と言われていますが、使用状況や環境によって変わって来る為、耐用期間終了前であっても、定期的に検査をして、問題が起こる前に処置をしなければなりません。
一般住宅でも、年に一度は点検を行う事をお勧めします。外壁塗装などで足場を組んだタイミングで一緒に施工するのも、コストを抑えるポイントです。
サインは様々ですが、このような症状は早急に対応が必要です。ひとつでも当てはまるようでしたら、まずはご相談下さい。

既存の材質・現在の状態に適した工事を行います

防水工事の施工方法は様々ございます。既存のに適した施工を行う必要があります。
点検時に状態をご確認し、施主様に適切なご提案を致します。

  • ウレタン塗膜防水
    (屋上・ベランダ)
  • 塩ビシート防水
    (屋上・ベランダ)
  • ゴムシート防水
    (屋上・ベランダ)
  • タキシート
    (屋上・共用部)
  • FRP防水
    (屋上・ベランダ)

ウレタン塗膜防水(屋上・ベランダ)

液状塗料の為フレキシブルな施工が可能で、細かい部位や複雑な形状の施工面にも対応できます。
既存の下地の上から施工ができ、水密性が高くつなぎ面のない連続被膜の形成が可能です。
定期的に塗り替えをする事により、外部からの影響による劣化を補います。

ウレタン塗膜防水(屋上・ベランダ)

塩ビシート防水(屋上・ベランダ)

塩化ビニール樹脂製の防水シートを、接着剤などで下地に貼付ける場合(密着工法)と、ディスク板などで固定している場合(機械固定工法)があります。

塩ビシート防水(屋上・ベランダ)

ゴムシート防水(屋上・ベランダ)

防水ゴムシートを下地に接着剤で貼付けます。伸縮性や耐久性も高くコスト面も比較的安価です。
接着剤と粘着テープにより貼付けるため、水密性に注意が必要となります。

ゴムシート防水(屋上・ベランダ)

タキシート(屋上・共用部)

防渇エンボスと、素材の持つ適度なクッション性が優れた滑り止め効果を発揮します。
衝撃音吸収性も備えているので、足音を和らげます。専用耐久接着剤と、端部・壁際・排水溝・止水栓周りを
エポシールで端部処理し、強い接着性によりめくれ、剥がれを防ぎます。

タキシート(屋上・共用部)

FRP防水(屋上・ベランダ)

FRP防水とはガラス繊維強化プラスチックです。繊維と合成樹脂を合わせて強度を強くした合成樹脂です。
ガラス繊維、ビニールエステル樹脂、ポリエステル樹脂などが使われます。
軽量なのに、引っぱり強度・曲げ強度が高く、表面硬度が固く、耐腐食性・耐酸性・耐候性にも優れています。

FRP防水(屋上・ベランダ)

防水工事の種類は多種多様ありますので、調査を行った上で建物の状態に合わせて工事致します。

ご相談・お見積りは無料です。気になる症状を見つけたらお気軽にご連絡ください。

お電話はこちら
TEL 0120-118-006

ご質問はお気軽にどうぞ!
お問合せフォーム